新平湯温泉[岐阜県]
(2008-02-29) by admin


奥飛騨温泉郷のほぼ中央に位置し、噴煙たなびく焼岳の麓に広がる新平湯温泉。奥飛騨温泉郷内では平湯温泉に次ぐ規模を誇り、かつては一重ケ根温泉と称され歴史と伝統に彩られている。また民宿から近代的な旅館やホテルまでが揃った賑やかないで湯の温泉地。開湯時期は不明だが、開湯伝説よると長旅で疲れた出雲の民が、垂間水近くで蜻蛉神(とんぼの神、またはあきつの神)に温泉を教えられ入浴したと伝えられている。また円空も元禄3年に訪れたと言い伝えが残っている。昭和43年11月に奥飛騨温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定された。温泉の泉質は単純泉・含重曹食塩泉や硫黄泉など多種多様。湯量も豊富。

新平湯温泉の宿一覧

[map:36.243069,137.520704]

Keywords: 岐阜県


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.1