温泉ナビ
掲載一覧へ
新着情報
温泉ナビ特集
温泉ナビプレゼント
温泉の歴史
温泉ナビについて
広告のご案内
お問い合わせ

« 島府の湯 | メイン | 伊勢原温泉 »

名栗温泉

名栗温泉が発見されたのは800年前程の承久年間(1219〜21年)に、手負いの鹿が湯でけがを治しているのを猟師が発見したのが始まりと伝えられている。旅館としては明治の末期に東京のマッサージ師が、湯治と治療客を目的に開業したのがはじまりで、当時の旅館の屋号は名栗館でした。その後、地元の人達を経て、柏木代八が大正8年(1919年)に譲り受け、全国の旅館を行脚し建造したのが大松閣。温泉の泉質はラジウム鉱泉。温泉の効能は打身、神経痛、胃腸病、切り傷など。

名栗温泉の宿一覧

35.859465, 139.184628
navi_prbt.gif navi_topicsbt.gif
奥塩原 湯荘 白樺
奥塩原 湯荘 白樺/栃木県

「湯荘」と名の付くとおり、乳白色の天然硫黄泉が自慢の宿。訪れる方の最初の驚きは宿のすぐ側にそびえる噴火口。ここから湧出る新湯の豊富な湯を肌で感じてみて下さい。

城崎温泉 お宿 芹
城崎温泉 お宿 芹/兵庫県

悠久の宿「芹」はずっと変わらぬ真心と気取らず人々に和みをもたらすそんな存在でありたいと考えます。コウノトリが舞う自然に囲まれた景色と自慢の懐石料理をご堪能ください。
Powered by
Movable Type 3.35

© 2001 温泉ナビ